有限会社メディカル・ジャパン

コード:154006ユウゲンガイシャメディカル・ジャパン

  • 形態: 一般病院門前/ 医院・クリニック門前/ 広域(面)受付/ 在宅(居宅支援)
  • エリア:大阪府/枚方市、門真市、豊中市、摂津市、大阪市此花区

T.Tさん|岐阜薬科大学

いろいろ悩んだ結果、調剤薬局を選んで毎日楽しく働いています

いろいろ悩んだ結果、調剤薬局を選んで毎日楽しく働いています

私が勤務する津田店は、薬剤師3人が全員男性という珍しい薬局。一番年長は薬局長で、人を引っ張る力がすごくある方。上手に仕事をまわしているのを見ると、自分にはこういう部分がまだ足りないんだなと痛感します。

次が私で、最年少の後輩はまだ2年目なのですが、ドラッグストアでの勤務経験があり、OTCのことなどよく知っているので、ときどき教えてもらったりしています。この3人と女性事務さんとで楽しく仕事をしています。


私が薬学部を選んだのは、特別な理由があったからではありません。薬剤師は安定している仕事だ、という程度の認識しかありませんでした。実務実習でいろいろやらせてもらったのですが、患者さまと話すのが楽しくて、なかなかいい仕事だなと見方が変わりました。


学部を卒業したあと、大学院に進んで研究をしていました。それも楽しかったのですが、実験室にこもって研究するより、自分には人と接する仕事のほうが向いているような気がして…。

就活するとき、どちらの方向に進もうか、ずいぶん迷いました。 


研究職をしている友人たちに聞くと「すぐには結果が出ないので、モチベーションを保つのがたいへん」とのこと。逆に、いい結果が出たときの喜びも大きいそうですけど。 

私自身は患者さまと話すのが楽しくて、たとえば糖尿の患者さまと「食事制限がんばって」などと、人間同士のやりとりができることに充実感を得ています。

よく「柔らかい印象ですね」と言われるんですが、これは両親がのんびり育ててくれたせい。特に父は、自由にやらせてくれたのでとても感謝しています。  


しかし初めての患者さまに、きつく言われたりするとショックを受けて「自分がだめだったんだ…」と落ち込むこともあります。けれど何度もお会いして話すうちに、分かり合えるようになるところも、調剤薬局の面白さだと思いますね。

 
薬剤師になって5年目。この会社は社員に親身になってくれるので、求められれば将来は幹部として働きたいと思っています。


学生の皆さんには「就職先を選ぶときは、選択肢を広く持ったほうがいい」とお伝えしたいですね。

薬学部を出たからといって、仕事は薬剤師だけではありません。いろんな道がたくさんあります。

いろいろ見てから自分にあったところを選んでください。私は悩んだ末に、調剤薬局を選択してよかったと思っています。

OB/OGの声一覧

この求人へのお問い合せ

法人名
有限会社メディカル・ジャパン
担当者名
甲斐和子
住所
〒573-1184
大阪府枚方市磯島茶屋町15番3号 
電話番号
072-890-5888
URL
http://medicaljapan.jp/