エルピーダファルマ株式会社

コード:145695エルピーダファルマカブシキガイシャ

  • 形態: 医院・クリニック門前/ 在宅(居宅支援)
  • エリア:三重県/員弁郡東員町、桑名市、いなべ市、鈴鹿市

高齢社会で求められる、地域医療を担う薬剤師を育てます! 従業員の為の福利厚生が充実しています!

はじめまして。エルピーダファルマのページをご覧いただきありがとうございます。私たちは三重県北部で展開している調剤薬局の会社です。


医薬分業が進む中、地域の患者さまと薬局とのコミュニケ-ションが、ますます重要になってきています。当社では患者さまが気軽に、お薬や健康についての不安を相談しやすいような、くつろげる雰囲気づくりを心がけています。


私たちが目指しているのは地域医療の充実。地域の中で「薬局が果たせる役割とは何か」を追求し続けています。


三重県北部地域の医療を知り尽くした社長と一緒に、地元貢献を目指してくれる若い力をお待ちしています。

 

プロフィール

エルピーダファルマの最大のアピールポイントは、仕事の自由度が高いということです。各店長にかなりの部分を任せているので、店同士で切磋琢磨し、互いに成長し合うという社風です。

 

当社ではオンラインによるネットワークシステムを使い、店舗間の情報を瞬時にやりとりしています。薬剤在庫を共有して不足を防いだり、緊急安全情報をすべての薬剤師にいち早く伝達するなど、情報の共有に努めています。こうした情報管理が、患者さまへのサービスの充実につながると考えています。


エルピーダファルマができるまでには、いろいろな出来事がありました。代表取締役の久保が、大学を卒業したのが昭和56年。卒業後はMRとしてキャリアを積んできました。そのときの担当エリアが、現在エルピーダファルマが展開している地域でした。


いつかは調剤薬局をやりたいと考えていた久保は、平成3年11月のくわべ薬局を皮切りに、調剤薬局の経営に乗り出します。その後、いくつかの法人を経て、三重県にエリアを絞った株式会社ネオファーマ三重を設立。社名をエルピーダファルマに改称して現在に至っています。


社長の久保は、MR時代から三重県内の医療関係者と強いパイプを持っています。そのためエルピーダファルマでは、どの店舗もドクターとの強いつながりを持っています。

12年間桑名の薬剤師会の会長を務め、地域医療に関心を持ってきた久保社長桑名市にはずっと基幹病院がなかったのですが、医師会、行政との連携により病院開設を実現。来年、400床の病院が完成する予定になっています。


エルピーダファルマがこれまでに携わった薬局は、医院も含めてすべてのプロデュースをしてきました。たとえば東員町には耳鼻科と眼科がなかったので、開業してくれるドクターを探し、薬局とともに立ち上げました。


高齢社会の日本において、介護やターミナルケアの問題も見過ごせません。社長は2000年に介護保険ができたときも、薬剤師会の代表としてその準備に携わりました。


もちろん、エルピーダファルマでも在宅医療を実施しています。薬局内では薬剤師の仕事は調剤と服薬指導のみですが、在宅では+アルファの役割があります。


高齢者2人だけの世帯にお薬を届けているんですが、すぐには打ち解けてもらえませんでした。でもお薬カレンダーのチェックや、コミュニケーションを続けていくと、2~3ヵ月で信用してもらえるようになりました。今では「よく来てくれた」と感謝されます。


介護保険を活用されていなかったので、ケアマネージャーにも入ってもらって、介護サービスを受けられるように力添えもしました。そのケアマネージャーさんから「あの、お2人から、とても信頼されてますね」と言われたのはうれしかったですね。


薬局とは別にデイサービス施設の運営も行っていますが、ますます介護との連携が重要になってくるでしょう。これからも地域のニーズに応えられる薬局でありたいと考えています。


これからの夢は、診療所が2つくらいで薬局がひとつの医療モールを作っていくこと。店舗は増やしていきたいのですが、薬剤師が足りないのが悩みです。さらに昔の「町の薬局」のように、健康相談なども復活させていきたいと考えています。

それこそが将来にわたって、地域に求められるサービスなのです。

この求人へのお問い合せ

法人名
エルピーダファルマ株式会社
住所
〒511-0242
三重県員弁郡東員町大字六把野新田130-5
電話番号
0594-86-2130
URL
http://el-pharma.jp/